格安スマホ 失敗談

格安スマホでの失敗談

格安スマホへの乗り換えは様々なメリットがあるのですがその一方で失敗談も聞かれます。

まず格安スマホのメリットは費用が安いことなのですが、実際に乗り換えてみるとこれまでよりも月額料金が高額になるケースがあります。

一般的に大手キャリアと月額料金を比較してみるとおよそ3分の1ほどに抑えられると言われているのですが、それにも関わらずなぜ料金が高くなるのでしょうか。

ここでポイントになるのは通話料金についてで、格安会社は大手キャリアよりも通話料金が高く設定されている場合がほとんどであり、通話アプリなどを併用しない場合はかえって割高になる可能性があるのです。

また大手キャリアでは無料通話分が付いており実質的な値下げが行なわれているのですが、一方で格安会社では無料通話分が付いていません。

これまでと同じペースで電話をかけていた場合には割高な通話料金と無料通話分が無いダブルの作用により料金が高くなるケースもあリますので注意が必要です。

続いての失敗談はこれまで使用してきたスマホからのデータ移行についてです。

大手キャリアの場合は販売店やキャリアショップでデータの移行やバックアップについて説明を受けると共に作業を行ってくれます。

一方で格安会社を利用した場合には一部の店舗を除いて基本的にこの手の作業は全てご自身で行う必要があります。

特にネットで格安スマホを購入した場合には実店舗を構えていない会社が多いためサポートは皆無であり、自身で全ての作業をこなさなければなりません。

また実店舗を構えている格安会社でも、店舗には販売スタッフしか置かない場合もあります。

そのため技術的な質問をしても答えられず、データの移行なども業務として取り扱っていませんので、店舗があるからと安心する事もできないのです。

ただこうした失敗談はいずれも事前にそれぞれの会社を比較して詳しく調べておけば避けられたことでもありますので、乗り換えに際しては入念に確認しておくと良いでしょう。

失敗しない格安スマホとは

このページの上部へ

© 2017 人気の格安スマホで失敗?. All Rights Reserved.