格安スマホ 注意点

格安スマホで注意するべき点

コスパの良い格安スマホへの乗り換えは多くの方が検討している事ですが、格安会社を利用する際には落とし穴とも言うべき思わぬ問題があり、乗り換えでは注意するべき点があります。

まず注意するべき点として始めに挙げられるのは端末の性能についてで、特に海外製のスマホの場合はLTEに対応していない機種が存在します。

LTEとは携帯電話の通信規格の一種で、もっとも新しい規格ですので国内の端末では主流になりほとんどがLTE対応なのですが、一方で海外製のスマホでは事情が変わります。

世界的に見た時にはLTEのひとつ前の世代である第3世代通信(3G)を使用している国が多く、LTEは日本国内のみ発達している稀有な存在なのです。

そのため格安スマホとして海外から輸入されている機種の中には3Gのみ対応している端末も混ざっており、購入していざ使おうとした時に通信速度のあまりの遅さに驚く事があるのです。

こうした失敗を防ぐためには事前にスペックを細かく確認しておく事が重要で、LTE対応であるか否かをチェックしておきましょう。

続いて格安スマホを購入する際に注意するべき点としては、アプリを利用が制限されるケースが挙げられます。

アプリはスマホを利用する上で欠かせない存在なのですが、アプリの中には大手キャリアと情報の共有を行い年齢確認で個人情報を活用するケースがあります。

その代表例ともいえるのが無料通信アプリとして広く使われているLINEです。

LINEではID検索を使う際にセキュリティ機能が付加されていて、大手キャリアに利用者の年齢確認を行います。

しかし格安スマホの場合は大手キャリアとは別会社が運営しているため年齢確認が行えず、ID検索を使う事ができないのです。

こうした現象は他の年齢確認が必要なアプリでも同様に問題が生じる可能性も高く機能が制限される場合もありますので、現在お使いのアプリが乗り換え後も使うことができるか事前に確認しておきましょう。

失敗しない格安スマホとは

このページの上部へ

© 2017 人気の格安スマホで失敗?. All Rights Reserved.