格安スマホ 失敗

人気の格安スマホで失敗?デメリットを検証

格安スマホで失敗した体験

私が実際に失敗した例として、月額数百円の某会社が提供するもので、
人が密集する場所でネットが一切つながらない、全く使えない格安スマホがありました。

残念な気持ちでその後すぐに解約しました!

失敗しない格安スマホランキング

私が体験したように、安さが評判の格安スマホも数が増えて、中には値段相応のものもあります。
そのような格安スマホで失敗しないために、これを選べば間違いないというものを紹介します。

月額が安くなるという目先の事だけではなく、普段使いができるのかも考えました。

DMMモバイル

通信料が業界最安値

通信料が最安値です。スマホ利用がインターネット中心なら第一候補の1つ。
家族でデータシェアする場合は年間で数十万円の節約になるというデータも!

スマホと端末セットは「高速プラン+データ通信1GB+音声通信付き+ZenFone 2」がおすすめです。

月額が2,900円あたりで利用できます。SIM単体ならドコモと契約してる人が利用可能です。

DMMモバイル公式サイト

楽天モバイル

通話料半額で通信料も安い

通話が半額になる楽天でんわと通信料の安さがウリです。
「電話」と「インターネット」を普通に使いたい人は楽天モバイルを選びましょう。

国内通話が「5分以内なら何回かけても無料」のオプションも登場!

スマホと端末セットなら「通話SIMの3.1GBプラン+ ZenFone2」がおすすめです。 月額で3000円ほどになります。

楽天ポイントも貯まるので、楽天ユーザーは大きな恩恵を受けますし、これからの人も十分満足できます。
その場合は楽天カードもあるとポイントが加速します。
SIM単体ならドコモと契約してる人が利用可能です。

楽天モバイル公式サイト

TONE(トーンモバイル)

シニア・初心者向けで月額が安い

月額料をとにかく安くしたいならトーンモバイルです。

TONE利用者の平均利用額は1698円という公式データが示すとおり、基本プランのみなら1000円ちょうどという安さ!
基本プランに含まれる通信量はそこそこの速度ですが、無制限で使い放題、電話もラインやスカイプなどに限定すれば通話料もかかりません。

また、初期設定などの必要はなく届いたらすぐに利用可能で、シニア世代や子供用、スマホを初めて使う人にも向いています。
さらに利用料金にT-ポイントがついたりTSUTAYAのレンタル無料などのサービスもあります。

店頭やコールセンターなどアフターケアにも力を入れているので、スマホ初心者におすすめできます。

TONE公式サイト

マイネオ(mineo)

au系で通信料がトップクラスに安い

通信料がトップクラスに安くプランも豊富です。
スマホと端末セットは2710円からとこちらも業界最安水準!

格安スマホは最低利用期間が短めですが、マイネオは何と「最低利用期間なし」。
このレベルのサービスでは他に見当たりません。なので使って合わなければ、違約金無しですぐに他へ移れます。

また、SIM単体ならauと契約してる人が利用可能です。au系でここまで良いサービスは少ないので貴重です。

マイネオ公式サイト

格安スマホのデメリット

格安SIMと端末がセットになった「格安スマホ」で月額が半分以下になったなど、メリットばかりを目にすることがあります。
確かに安くなりますが、格安スマホに乗り換えた内2、3割の人が失敗したと感じているそうです。

失敗の多くは「通話代が高い」「通信制限になる」「格安スマホの性能が低い」の3つのようです。

●通話代が高い

正確には「通話料でスマホ代が高くなってしまう」です。
これまでのスマホは、2千いくらの定額制かけ放題でした。電話をいくらしようがしまいが変化なし。

これはドコモ、au、ソフトバンク共通です。電話をしない人には全く必要ないですが、格安スマホで頻繁に通話すると高くなる場合があります。

月に1時間ほど通話をするとちょっと危ないかな?といった印象です。*国内通話は20円/30秒です。
このような通話をする人は楽天モバイルのように、通話無料や半額になるサービスを利用すべきです。

●通信制限になる

通信制限を説明する前にネットへ接続する速度、「低速」と「高速」について触れます。

格安スマホのネット通信速度は低速時で200bps、高速時で~200MBとなっています。
どちらで接続をするかをその都度決めることができます。

この高速通信でアクセスしている容量が一定ラインを超えると、強制的に低速通信になります。
これを「通信制限」といい、毎月0にリセットされますし、余った分を翌月へ繰り越しできたりします。

一定ラインとは「月3GB」などのプランで自由に決められますが、容量が多いほど値段も上がります。
通常は3GBあれば十分です。変更できるので調整するのがいいでしょう。

ちなみに、低速時の体感は「かなり遅い」です。高速通信で一瞬で表示されるページが10秒以上かかります。

●格安スマホの性能が低い

格安スマホは「格安SIMとスマホ本体」のセット販売ですが、中には安さを重視したモデルもあります。
ただでさえ安い格安スマホ本体の中でも、さらに安いモデルですから機能も限定的です。

メールや電話など携帯としてシンプルな利用を目指す場合に有効な手段です。

iPhoneやエクスペリアなどと同じように使いたい場合は、そのようなハイスペック端末を選びましょう。
おすすめは「ASUS ZenFone2」です。

人気の格安スマホで失敗しないためには?

失敗の原因はハッキリしていて、スマホの目的と選択のミスマッチ!
例えば以下のような感じでしょうか。

・通話をするのに通話代が安くなるサービスを利用していない。
・ネット中心なのに通信量を多くしていない。
・ゲームなどスマホの機能が必要なのに低スペックなものを使っている。

そして、失敗しないための方法はいたってシンプル。

今、あなたがスマホをどういう風に使っているのかを思い出して、
当サイトで紹介している格安スマホの一覧から「自分に合う」と思ったものを選んでください。

それだけできっとうまくいきます!

おすすめの格安スマホ一覧へ

このページの上部へ

© 2016 人気の格安スマホで失敗?. All Rights Reserved.